オフセットチケット印刷・作成、デザイン名刺、企業名刺、会社名刺、個人名刺、特殊加工名刺、ショップカード|格安ネット印刷はYMcardで
すぐ注文 自動見積もり
商品カテゴリー
  • 名刺印刷
  • 商品タグ印刷
  • 型抜きカード印刷
  • チケット印刷
  • プラスチック名刺印刷
  • プラスチックカード印刷
  • ステッカー印刷
  • 封筒印刷
  • ポストカード・はがき印刷
  • チラシ・フライヤー印刷
  • ペーパーランチョンマット印刷
  • 糊メモ帳印刷
顧客センター
営業カレンダー
2022年 12月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2023年 1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
営業時間
カスタマーサポートセンター
お支払方法  詳しく見る
instagram facebook twitter ameba
SSL GMOグローバルサインのサイトシール
商品タグ
[無料型]型抜きカード
プラスチック名刺
糊メモ帳
チケット
ホーム > チケット印刷

チケット印刷の特徴

チケット印刷

いろいろな用紙と加工の組み合わせでスペシャルなチケットがお作りできます。 イベント・コンサートのチケット・サービス券・クーポンなど幅広い用途でご活用いただけます。

・対応オプション:箔押し / 型押し / エンボス / スジ入 / ミシン目入 / 角丸 / 孔開け

チケットの用紙案内

チケットの用紙価格案内 * 税込
  • 100x50mm
  • 150x55mm
  • 170x54mm
  • 180x55mm
  • 180x72mm

データ作成方法

チケットのデータ作成

テンプレート

商品名 サイズ Illustrator用 Photoshop用
チケット 100x50mm
チケット 150x55mm
チケット 170x54mm
チケット 180x55mm
チケット 180x72mm
チケット製作過程及び参考事項
詳しく見る
注文の流れ

※営業時間は平日 9:00~18:00 定休日は土・日・祝日です。以後の注文についての受付は翌日に進行されます。
※校正確認完了後、印刷に入ってしまった場合は払い戻しが不可能なので、必ず最終確認をしてから入稿してください。

目を引く文字デザインの作成方法
ストーリーを語るデザイン
目を引くデザインは飾り立てなくとも多くを語ります。素晴らしいデザインを作る人は、見た目の良い作品のみ生み出す能力があるわけではありません。メッセージを送り届け、ターゲットのニーズを効果的にキャッチする能力があるのです。このスキルを身につける一番良い道は、広告のテクニックを学ぶことです。広告は比喩的な表現方法など、説得力のあるデザインを生み出すのに役立つクリエイティブな技を教えてくれます。
1つのアイデアに拘らない
あなたはひどいものを見ずして良いものを見分けることができますか? 答えは「いいえ」のはずです。しかし多くのデザイナーが、最初に頭に浮かんだアイデアにこだわってしまうという単純なミスを繰り返します。必ず1つの商品につき、少なくとも3つの異なるデザイン案を制作してください。そうすることで、パッとしない案を排除できるだけでなく、良いものと悪いものを比較し、見分ける目を養います。
有名なデザインのカバーバージョンを作ってみる
何かをコピーしたり真似たりするのは良くないことだと思うかもしれません。しかし、初心者にとって真似をすることは想像力を発揮したり、学ぶことにつながります。多くのミュージシャンがカバーバージョンを歌ってスキルを磨くのと同じように、あなたも有名なデザインのカバーバージョンを作ってみましょう。まずはウェブサイトやロゴデザイン、ポスターなど、あなたが大好きなものを見つけて、できる限り忠実に再現してみるのです。オリジナル作品そっくり作ってもいいですし、想像力を追加してアレンジしてもいいでしょう。デザインをカバーすることで、オリジナル作品に対する鑑賞眼がさらに養われます。また、何よりも独創性や、技術的なスキルを高めることができます。また、そのレイアウトがどのように構成されたのか、どんなフォントの組み合わせが使われているか、どのような理由で特定のテクスチャが選ばれたのか、細部を詰めるためにデザイナーがどのような技術的困難に直面したか、といったことが分かるのです。
書き方を習得する
あなたは作業における書くスキルの重要性を見過ごしがちです。しかし、そもそもデザインとは、メッセージを伝えるためにあります。 良い文章の基本原則を理解することは、プロのグラフィックデザイナーにとっても必須のスキルです。スキルの習得は、身近なところから始めましょう。まずは短い文章にもっと注意を払うことです。